ART(アクティブリリーステクニック)

 

軟部組織施術

ARTアクティブ・リリース・テクニック

神経絞扼 資格認定

上肢・下肢・脊柱(フルボディ)資格認定

 


 

 体のゆがみは筋肉の過度な緊張を引き起こし、慢性になると痛みだけではなく機能障害も起こります。筋肉の機能障害と同様に、軟部組織(筋肉および腱、靭帯、筋膜、神経など)にも影響を及ぼします。このような場合は、いくら体のゆがみを治しても、なかなか痛みをとることができません。

 

そこで当センターでは、ARTという軟部組織に対する施術を取り入れています。アメリカで開発され、急速に普及しています。この技術によってより幅広く、今まで治らなかった多くの症状に対して施術することができるようになりました。


この技術は、筋膜リリーステックニックとも呼ばれ筋肉、腱、靭帯、筋膜、神経などの軟部組織の障害からおこるあらゆる体の不調を取り除いていく施術です。その障害から起こるものは、慢性的な膝や腰、肘や手首の痛みから頭痛(緊張性)、胸郭出口症候群、スポーツ障害まで多岐にわたります。

 

何もしていないのに,肩が痛い、上がらない、膝が痛いなどといった症状を年齢のせいだとあきらめていませんか?

 

実際には年齢のせいだけではない場合が多く、使いすぎの結果として硬い瘢痕ができ、関節周囲炎や慢性的な痛みの原因を作りだしています。このような場合は、どれだけ体のゆがみを治しても、痛みが改善することは難しいです。

 

ARTでは、それぞれの組織に対して的確な施術を行っていきます。この施術は、トライアスロンの世界大会の公式治療法にもなっていますが、日本では上肢、下肢、脊柱、神経絞扼のプロバイダー資格を持っている者は、私を含めて5名(2013年現在)しかいません。

 

 

ART施術

 

 初回にいらっしゃった時にはは検査と施術を同時に行います。触診によって軟部組織の異常を見つけていきます。また動きを制限している部位を患者さんに体を動かしてもらいながら検査していきます。実際の施術では、患者さんに自発的に特定の動きをしてもらいながら、適切な強さと正確な方向にテンションをかけていきます。多くの場合、5回の施術でご本人の自覚している痛みの50%以上の改善がみられます。

 

施術後2-3日のあいだ、多少のダルさや表面的な痛みを感じることがあります。これは一時的なもので、その後改善されていきます。また強い癒着や過度の緊張がある場合、一時的に患部に軽い内出血やアザができることがあります。施術前に前もって説明しますが、これも一時的なもので数日で良くなりますのでご安心ください。

 

ネット相談・ご予約は

ご予約・お問い合わせ

☎ 03-6312-4223

☎ 080-6253-1222

 

受付時間

10:00-13:00/14:00-21:30

 

体のお悩みや、当院についての質問など、お気軽にご相談ください。